低体温の方、必見!! 体温を上げて痩せボディにする方法!!

低体温の方、必見!! 体温を上げ痩せてボディにする方法!!

渋谷区広尾にあるパーソナルトレーニングジム「ボディスタイルワークス」の青島宏樹です。

多くの女性の悩みの1つが「冷え性」。手足が夏でも冷たかったり、肩こりや頭痛、生理痛がひどい。。。とういう方が多くいらっしゃいます。

そんな冷え性は【体温を上げる】ことで解決できます。
今回は、体温を上げて冷え性を改善し痩せボディを手に入れる方法をご紹介いたします。

体温はどのくらいが理想?

平熱は、最も健康的で免疫力の高い状態でいられる36.5~37.2℃が理想的とされています。

ですが、現代の日本人は36℃は愚か、35℃台や34℃台という方もいらっしゃいます。
34,0℃は、「溺れた人が救出された後、回復できるかどうかのボーダーライン」とされています。
普通に生活するのでも支障が出てしまうほどの体温です。

 
27.0℃  死体の体温
30.0℃ 低過ぎるあまりに意識を失う
33.0℃ 雪山で遭難した時に幻覚症状が現れる
34.0℃ 溺れた人が救出された後、回復できるかどうかのボーダーライン
35.0℃ ガン細胞が最も増殖する
35.5℃ 日常的に続くと排泄機能の低下、自律神経失調症、アレルギー症状が出やすい
36.0℃ 時々、震えが出る(筋肉を動かして、熱を産生しようとする)
 

体温が低いことのデメリット

①免疫力の低下


体温が低下することにより、血流量と同時に免疫力も低下していきます。
体内にウイルスや細菌が入ってきても、取り除いてくれる白血球をあつめにくくなる為、退治する事ができません。

 

②代謝が落ちる


身体が生命活動を行うなかで消費するエネルギーの事を代謝と言います。
体温が落ちると同時に代謝も低下して「燃えにくい身体」になってしまいます。
体温が高い=代謝がいいといいうことです。

 

③痩せにくい


内臓を動かしたり、体温を維持するためなどに使われる基礎代謝が高い人は、何もしなくても消費するカロリーのため体温が下がってしまうと代謝が下がり痩せにくい身体になってしまいます。

 

④消化機能が下がる

体温が低くなると内臓への血流量が減ってしまうため、内臓の働きも悪くなってしまいます。
胃や腸の働きが低下し、食べた者がうまく消化できず嘔吐や極度の便秘になってしまうこともあります。

 

⑤体の末端の動きが悪くなる


体温が低いと血液の巡りが体の末端部分までいかないことで、起こってしまいます。
手や足の感覚が鈍くなったり、肩こりや頭痛がひどくなったりと様々な障害が起きます。
これは、生命維持のため臓器が冷えすぎないよう、血流を臓器に集中させるためです。

 

体温を上げて痩せボディにする5つの方法

①冷たい食べ物・飲み物を控える


体を冷やす効果のある夏の食べ物(レタス・キャベツ・きゅうりなど)を控える。
更にキンキンに冷えた飲み物ではなく、常温や温かい飲み物を飲むようにしましょう。

 

②体を動かす・軽い運動をする


体温を上げるためには、筋肉量を上げる必要があります。筋肉は、全身に血流を流すポンプのような役割をするので筋肉をつけることで全身に血流がいきやすくなります。
トレーニング効果を最大限に増やすためにパーソナルトレーナーにみてもらったり、1日8,000歩以上歩くことがオススメです。

 

③毎日10分以上、湯船に浸かる


お風呂に浸かることで、血行が促進して血流の流れが良くなります。
仕事が毎日忙しく、シャワーで済まう方も多いと思いますが10分でいいのでしっかりお風呂に浸かる習慣をつけましょう。

 

④和食中心の食生活にする


パスタやピザの欧米料理、中華料理やフランス・イタリア料理など現代では、様々な国の料理を日本で食べることができます。
ですが、非常に油っこい料理が多く偏食にもなりやすく血管がドロドロになってしまう可能性があります。

和食は、バランスが良く漬物や味噌汁などの発酵食品が多く、腸内環境を整える料理が中心です。
日本人にとって消化しやすい食材のため、内臓が活発的に働きます。
食事を和食に切り替えることで、痩せることにも繋がります。

 

手軽に代謝を上げるトレーニング 

「筋トレしたいけど、時間がない」という方の為に自宅でできる手軽に代謝を上げるトレーニングをご紹介します。

 

【 バンザイスクワット 】



①足を肩幅に開いて立ちます。
②肘を曲げ、パンチを打つように胸の前で構えます。
③肘と膝をくっつけるように腰を落としていきます。
④ももと床が平行になる位置まで下げていきます。
⑤しゃがんだところから、大きくバンザイをしてかかとも上げていきます。

この一連の動きを20回×3セット毎日やるようにしてみてください。

 

まとめ

体温を測るという習慣は、風邪をひいたときや健康診断のときしかないと思います。
どうも体調が悪いと思ったり、運動しているのにも関わらず痩せにくいなど体温が上がれば、解決することがあるかもしれません。

自分の平熱を把握して、体温を上げる生活「温活」を実践してみてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

これまでのトレーニング指導やケア実績は3000名以上。 小学生から高齢者、サッカーやバスケットなどの代表的なスポーツを始め競艇・相撲などの特殊なスポーツのアマチュア・プロスポーツ選手・学生へのサポートも幅広く経験しています。 23歳で、出張専門加圧トレーニング「BODY STYLE WORKS」を設立。 東京・神奈川を中心にお客様のご自宅や仕事場、スポーツ活動現場に出向き、トレーニングを指導しています。 渋谷区広尾にパーソナルトレーニングジム「BODY STYLE WORKS」を展開。 日比谷線広尾駅 徒歩1分の駅近でとても通いやすいです。