身体に気を遣っていますか?|いつまでも若々しい身体を手に入れる方法

身体に気を遣っていますか?|いつまでも若々しい身体を手に入れる方法

渋谷区広尾にあるパーソナルトレーニングサロン「ボディスタイルワークス」代表の青島です。

先日、国内最大級の個人間や法人間の仕事を取引するシステムを提供している企業「Lancers」様にてフリーランスの方に向けての健康管理のセミナーで講師をしてきました。

このセミナーでは
・自分の身体に意識を向けることの重要性
・トレーニングを実施する際の基本的知識
・実際にオフィスや家でできるエクササイズ・ストレッチ

を行いました。

その中で一部の内容をシェアさせていただきます。


 

自分の身体に気を遣っていますか?

今の日本は、朝から夜中まで働き身体的にも精神的にも疲れている方が多い傾向です。
たくさん働き、疲弊して病気になったら病院に行くという方も少なくないのではないでしょうか。

そこで必要なのは、病気になってから病院に行くという対処療法ではなく、病気になる前から予防をして病気にならない身体を作るという事です。

例として
・生活の中にトレーニングをする習慣を入れて免疫力を上げる
・添加物の多い食材を避け、身体に有害な化学物質を入れない
・サプリメントなどの栄養補助食品を取り入れ、食事ではとれない栄養を摂る
などです。

食品やサプリメントなどを購入する際は、裏面の成分表示などを見るようにクセをつけできるだけ添加物の入っていない食品を選ぶことをオススメします。

添加物が多く入った食品を摂り続けていると、身体の中で蓄積してアトピーや喘息などのアレルギー症状が現れてしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

健康寿命を延ばすには?

健康上の問題がない状態で日常生活が送れる期間の事を指します。
平均寿命から要介護(自立した生活ができない)を引いた数が健康寿命になります。



健康寿命を延ばすには
□生活習慣病の予防
□認知症の予防
□ロコモティブシンドロームの予防

があげられます。

その中でも「ロコモティブシンドローム」という言葉が聞きなれないと思います。

ロコモティブシンドロームとは
運動器の障害の為に移動機能の低下をきたした状態のことを指します。

運動機能の低下は、どんどん低年齢化してきて小・中学生でも骨粗鬆症や筋肉の低下がみられるようになってきています。

そんな運動機能の低下を防ぎ、いつまでも美しく若々しくいる為には「日々のトレーニングとケア」が重要となってきます。

 

トレーニングを行うには?

トレーニングは特別な器具がなくても行うことはできます。
特に太ももや胸などの大きな筋肉を鍛える事で燃焼効率を上げる事ができます。


代表的な下半身のトレーニング種目としてスクワットがあげられます。

【スクワット】
①手を前に伸ばし、脚を肩幅か少し広めに脚を開きます
②背中を曲げずにゆっくりと腰を落としていきます
③太ももが床と平行になる位置まで腰を落としていきます



【スクワットでの注意点】
①腰を落としていく際に背中を曲げない
②膝がつま先よりも前に出ないように注意
③膝のムキとつま先の向きは同じ方向にする
④腰が丸まらないよう、目線は下げない

 

まとめ

今回はセミナー講師としてお話しさせていただいた内容を少しご紹介させていただきました。

病気やケガになってから病院に行って対処するのではなく、日頃からトレーニングやストレッチをして身体と整えていたり、口に入れる食品やサプリメントにもこだわりを持つということが非常に大事だという事を今回のセミナーでお話しさせていただきました。

今回はフリーランスでお仕事をされている方が対象のセミナーでしたが、もちろん会社で働かれている方も対象です。

皆さんも自分の習慣の見直しや食品の裏を見てモノを買うクセをつけるいい機会にしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

これまでのトレーニング指導やケア実績は3000名以上。 小学生から高齢者、サッカーやバスケットなどの代表的なスポーツを始め競艇・相撲などの特殊なスポーツのアマチュア・プロスポーツ選手・学生へのサポートも幅広く経験しています。 23歳で、出張専門加圧トレーニング「BODY STYLE WORKS」を設立。 現在は東京・神奈川を中心にお客様のご自宅や仕事場、スポーツ活動現場に出向き、トレーニングを指導しています。