食事バランスを整えるだけでも痩せていく!! 画期的な食事法をご紹介!!

《食事バランスを整えるだけでも痩せていく!!画期的な食事法をご紹介!!》

ファーストフードやコンビニ食が多く、食生活が乱れがちな現代人。
食事はしているけど、バランスよく食べるには、何を摂ればいいのかわからない。。
そんな方にオススメの食事の摂り方をご紹介します。

孫は優しい?

「まごわやさしい」と聞いて、何のことかわかりますか?これは健康的な食生活を送るために必要な、和の食材の頭文字を覚えやすく語呂合わせにしたものです。

日本食は、「一汁三菜」を基本としたもので日本食のバランスの良さは、世界的にも高く評価され一大ブームになっています。ですが、日本では食の欧米化が進み、ファーストフードやコンビニなど手軽に食べられる飲食店が増えてきたことから不規則な食生活を送っている方も非常に多くなってきました。

自分の休息を犠牲にして働く日本人の「働き過ぎ」もバランスの摂れた食事を食べることができない要因になっているのではいなかと思います。
そこで、バランスの摂れた食事を摂れる「まごわやさしい」について、食材を詳しくご紹介します。

バランスのいい食生活に

痩せ体質にしていく為には、食事コントロールが必要不可欠です。
1日、炭水化物だけとかタンパク質だけでは栄養が偏ってしまい、体調を崩してしまう可能性もあります。「まごわやさしい」の食材の中には、減量の際に必要なタンパク質やビタミン・ミネラルがバランス良く豊富に入っています。
「まごわやさしい」の食事方法をバランス良く組み合わせる事により、自然と栄養が摂れる食事ができあがります。

「まごわやさしい」の食事方法は、無理な食事制限をするわけではないので、ダイエットで食事制限をしたくない人やしっかりと食事をしたい方にオススメです。

「まごわやさしい」ってどんな食材?

ま=豆


豆類…納豆・大豆・小豆・黒豆・豆腐・グリーンピース・味噌など
豆類には、植物性のタンパク質が豊富に含まれています。納豆・豆腐・味噌などの発酵製品を取り入れることにより、腸内環境の改善にも役立ちます。
手軽に摂れる食材なので、毎日取り入れていきたいですね。

加工食品の中には、遺伝子組み換えの大豆を使っている納豆や豆腐・味噌が多く出回っているので、商品に裏を見て遺伝子組み換えでないモノを選ぶのもポイントです。

ご=ごま

 


ごま・ナッツ類…ごま・クルミ・アーモンド・カシューナッツなど
ごま・ナッツ類には、タンパク質・ビタミン・ミネラルが多く含まれています。ナッツ類をそのまま食べるのもいいですが、少し潰してサラダなどに入れると食感が変わりオススメです。
特にアーモンドは、ビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEには強い抗酸化作用があり、活性酸素による体細胞や血管の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、老化のスピードを抑える働きがあります。

抗酸化作用により悪玉(LDL)コレステロールの酸化を抑制し、心臓病や糖尿病、ガン等の様々な生活習慣病にかかるリスクを低下します。

わ=わかめ


わかめ(海藻類)…わかめ・ひじき・海苔・昆布・もずくなど
海藻類には、鉄分やミネラルが豊富に含まれてます。わかめをそのまま食べるのもいいですが、味噌汁などに入れて食べると手軽に摂れるのでオススメです。
現代人は、鉄分やミネラルがかなり不足しているので、積極的に摂っていきたいですね。

や=野菜



野菜…緑黄色野菜・根菜類など
野菜には、主にビタミン・ミネラル・食物繊維が多く含まれています。生野菜を食べる事がオススメですが、生野菜があまり好きではない人は加熱をして温野菜にて食べると食べやすいです。
ですが、加熱をする事により栄養素が失われてしまうので注意が必要です。
食物繊維が多く含まれるので、腸内環境の改善の為にも積極的に摂取していきたいですね。

「野菜ジュースで摂るから大丈夫」という方がいらっしゃいますが、市販の野菜ジュースは砂糖が多く入っているのでダイエットをしている方は気を付けてください。

さ=魚



魚…アジ・イワシ・サバ・マグロなど (小型の青魚推奨)
魚には、タンパク質が多く含まれています。ポイントは、青魚が好ましいです。なぜなら、青魚には、魚の油に多いDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エンコサペタイン酸)などのオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているからです。
オメガ3脂肪酸は、血管壁についた悪玉(LDL)コレステロールと取り除き、善玉(HDL)コレステロールを増やして中性脂肪を減らす役割を担っています。

オメガ3は、青魚の他にクルミやアマニ油にも多く含まれています。
焼き魚として食べるのが余分な脂を落とすので、オススメです。

し=しいたけ


しいたけ(キノコ類)…椎茸・しめじ・舞茸・えのき・なめこなど
キノコ類には、食物繊維やビタミン・ミネラルが多く含まれています。キノコ類は、100g中20kcalと低カロリーなのでダイエット食材としても効果的です。
食物繊維も豊富なので、便秘の改善にも効果的です。

味噌汁やお鍋に入れるとたくさん摂れるのでオススメです。

い=いも


いも…里芋・じゃがいも・さつまいもなどいも類
いも類には。炭水化物と食物繊維が多く含まれています。炭水化物は、白米・麺・パンなどと同じですが、白く精製された白米や小麦よりいも類からの糖質摂取を積極的に摂る方が好ましいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今の食事を一気に変えるという事は、難しいかもしれません。ですが、献立に豆腐を追加するとか肉を焼き魚に変更するなど、1品からでもいいのでやっていただくと効果的です。
仕事柄、どうしても外食が多い方は大戸屋などの和食の定食屋さんを選ぶと「まごわやさしい」の食事を摂ることができます。

日本人が古来から食べている食事を摂ることで、免疫力も上がりますので是非やってみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

これまでのトレーニング指導やケア実績は3000名以上。 小学生から高齢者、サッカーやバスケットなどの代表的なスポーツを始め競艇・相撲などの特殊なスポーツのアマチュア・プロスポーツ選手・学生へのサポートも幅広く経験しています。 23歳で、出張専門加圧トレーニング「BODY STYLE WORKS」を設立。 現在は東京・神奈川を中心にお客様のご自宅や仕事場、スポーツ活動現場に出向き、トレーニングを指導しています。