加圧トレーニングをすると赤い斑点が出るってホント?

《 加圧トレーニングをすると赤い斑点が出るってホント? 》

 



加圧トレーニングは専用のベルトを腕と脚の付け根に巻いてトレーニングを行う日本初のトレーニングです。
https://bodystyle-works.jp/2017/01/17/what-is-kaatsu/

加圧トレーニングを受けている方にお話しを伺うと
「トレーニング後に赤い斑点が出る」という方がいらっしゃいます。

確かに加圧トレーニングをすると「赤い斑点」が出る場合があります。
この赤い斑点は、なんなのでしょうか?

赤い斑点の正体は、「点状出血」と言われるものです。

 

点状出血とは?

 
Wikipediaによると
点状出血petechia)とは微小出血毛細血管の破綻)により生じる身体上の赤色ないし紫色の点

と出てきます。

いわゆる「内出血」です。
これは、毛細血管まで血流を一気に行き渡らせることができる加圧トレーニングだからこそでやすい反応です。

加圧トレーニングだけがでるというわけではなく、高強度のウェイトトレーニングをやったりしても毛細血管が
切れて内出血することがあります。

出る人、出ない人、個人差はありますが、
加圧ベルトを巻いた下に点状の内出血が出ることがあります。
脚より筋肉・脂肪が薄い腕の方が点状出血が出やすいです。

 

カラダに悪影響があるものではなく、大体4~5日くらいで消えていきます。
血管が硬くなり弱くなっている方は斑点が出やすいです。

加圧ベルトを巻いているだけでも血管を鍛えることができ、血管壁の柔軟性が増し、内出血も出にくくなっていきます。

 

点状出血の原因は?

点状出血の原因は、さまざまですが、主に、

・体質的な要因(毛細血管が弱い、硬い、血小板異常 など)

・過度な圧をかけ過ぎ
除圧(加圧ベルトを緩めること)やクールダウンを挟まず、長時間ベルトを巻いていた

「トレーニングを始めたばかりの人は、点状出血が出やすい」と言われますが、
初心者やベテランなど経験の経験に関わらず、点状出血は出る時は出ます。

ベルトの圧・トレーニング強度・ベルトを巻いている時間など、条件はさまざまです。

ですから、
血管が弱めの方で 腕や脚を露出する服が好きな方、
あるいは、
お仕事上などで、どうしても肌の露出が多い方、
夏場、ノースリーブやショーパンなど露出多めの服を着ることが多い方は、注意が必要です。

 

まとめ

加圧トレーニングは、自己流で行うと危険度が増してしまいます。

誤った圧でトレーニングすることにより、必要以上に血管を圧迫して
貧血などになってしまったり、血が止まってしまうこともあります。

必ず専門のトレーナーの元で受けるようにしてください。
忙しくてジムに通えない方などは、トレーナーがご自宅や事務所などに出張するサービスや
自分専用の加圧ベルトを購入することもできます。

気になる方はお問い合わせください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

これまでのトレーニング指導やケア実績は3000名以上。 小学生から高齢者、サッカーやバスケットなどの代表的なスポーツを始め競艇・相撲などの特殊なスポーツのアマチュア・プロスポーツ選手・学生へのサポートも幅広く経験しています。 23歳で、出張専門加圧トレーニング「BODY STYLE WORKS」を設立。 現在は東京・神奈川を中心にお客様のご自宅や仕事場、スポーツ活動現場に出向き、トレーニングを指導しています。