ケイトジェニックダイエットとカロリーオフダイエットって何が違うの?|話題のケイトジェニックダイエットを詳しく解説

《 ケイトジェニックダイエットとカロリーオフダイエットって何が違うの?|話題のケイトジェニックダイエットを詳しく解説 》

 

 

ケイトジェニックダイエットが話題を集めています。
今回は、このケイトジェニックダイエットについて、カロリーオフダイエットとの違いなどを解説していきます。


1 )ケイトジェニックダイエットって何?

ケイトジェニックダイエットは、糖質制限を行うダイエットの1つです。
なかでも特に糖質である炭水化物量の制限量が多いもの。

単純なカロリーオフダイエットは、糖質も摂ります。ただ、全体的なカロリーを制限するだけです。

しかし、ケイトジェニックダイエットは違うわけです。
ケイトジェニックダイエットでは、特に糖質に着目して、これを極度に制限します。

 

スーパー糖質制限、ケトン体ダイエット、炭水化物ゼロダイエットと呼ばれることもあるのが、このケイトジェニックダイエット。
現代の人間は糖質を摂り過ぎているから、そこを変えて痩せやすく太りにくい体質にしていこう、というのが、このケイトジェニックダイエットの考え方です。

 

炭水化物=糖質とは、身体のエネルギーになるものです。
運動をすればそのエネルギーが使われるわけですが、充分に運動をしなければ、エネルギーが余ってしまいます。その余ったエネルギーは、脂肪に変わります。

そもそも糖質を制限すれば、エネルギーが余ることもなくなって、余計な脂肪がつかなくなる。こういった流れを考えたダイエット方法が、ケイトジェニックダイエットになります。

 

2 )ケイトジェニックダイエットの効果は?

ケイトジェニックダイエットをすることによって、身体から糖質がなくなっていきます。
糖質をエネルギーとすることができないので、他の栄養素をエネルギー源とするようになります。

 

具体的には、たんぱく質や脂質です。そして大事なのは、身体についた脂肪を燃焼させてエネルギーに変える反応が起こること。
これによって、無駄な脂肪が燃焼されて、理想的なボディになっていきます。

 

通常のカロリーオフダイエットでは、糖質の制限量が小さい。
そのため、糖質からエネルギーを得る部分も大きく、脂肪がエネルギーに変換されるという反応が起こりにくいです。
カロリーオフの程度にもよりますが、一般的にケイトジェニックダイエットのほうが、より効率的に脂肪を燃焼させて、より高いダイエット効果を得ることが可能です。

 

脂肪が燃焼されると、ケトン体が発生します。このケトン体が、糖質の変わりにエネルギーとなってくれます。
ケイトジェニックダイエットが、ケトン体ダイエットとも呼ばれるのは、このためです。

ケイトジェニックダイエットにおける糖質制限の目安は、1日50g以下。
ケイトジェニックダイエットを進めていると、ケトン体が普段より大量に出ている状態に。この状況を、ケトーシスと呼びます。

ケトーシスにいかに早く入り、その状態を継続させるかどうか、これがケイトジェニックダイエットの成功の鍵を握ります。

 

3 )ケイトジェニックダイエットの注意点

ケイトジェニックダイエットでは、あくまで糖質を制限することを意識しましょう。
カロリーオフダイエットのように、糖質だけではなくて、たんぱく質や脂質まで極端に制限してしまうと、非常に危険です。

前項で、ケイトジェニックダイエットは、糖質の代わりに、たんぱく質や脂質、身体に蓄えられた脂肪をエネルギー源にするもの、だと述べました。
もしも、摂取されるたんぱく質や脂質が少なくなってしまうと、脂質を燃焼させるだけではなくて、筋肉を分解して糖に変えるという新糖生という現象が起こります。

新糖生となると、身体の筋肉量が落ちていってしまい、せっかく痩せても骨と皮ばかりのみすぼらしい身体に。

こういったリスクを回避するために、以下のポイントを意識しましょう。

・筋力トレーニングを並行して行う
・たんぱく質、脂質は制限しない(むしろ多く摂る)

この2つのポイントを意識することによって、ケイトジェニックダイエットに失敗してしまうリスクを防げます。

 

ケイトジェニックダイエットにチートデイはいらない

ダイエット中のストレス改善や、停滞期を打破する考え方として、1~2週間に1回、なんでも好きなものを食べていい日=チートデイを作るというものがあります。

しかし、このチーティングは徹底した食事管理と栄養に対する知識があって初めて効果があるもの。
特にケイトジェニックダイエット中のチートデイの導入は専門家でも難しいとされています。

強烈なリバウンドが来るリスクもあります。ケイトジェニックダイエットにチートデイは入れないほうが無難です。

 

4 )ケイトジェニックダイエットのメリット

ケイトジェニックダイエットには、単なるダイエット効果以外にも、複数のメリットがあります。

 

・糖尿病予防に効果がある
・血糖値が上がりにくく、血管への負担が小さい
・体調が良くなり、眠気を感じにくくなる


 

以上のようなメリットは、特にケイトジェニックダイエットがおすすめできる理由です。

 

5 )ケイトジェニックダイエットのコツ

ケイトジェニックダイエットでは、いかに早くケトーシスに入るかが重要。
いち早くケトーシスに入るためには、糖質を可能なかぎり0に近づけること。そうすることで、ケトーシスに入りやすくなります。


  1. スーパー糖質制限
    1食あたり糖質10〜20g以下、1日あたり糖質30〜60g以下が目安。
    朝・昼・晩全ての食事でご飯やパンなどの主食を食べずに糖質制限。
    糖質を摂らなければ血糖値は上がらず、インスリンの追加分泌も起こりませんので、ダイエット効果が極めて高い方法です。
  2. スタンダード糖質制限
    1食あたり糖質50〜60g以下、1日あたり糖質70〜100g以下が目安。
    朝・昼・晩全ての食事でご飯やパンなどの主食を食べずに糖質制限。
    糖質を摂らなければ血糖値は上がらず、インスリンの追加分泌も起こりませんので、ダイエット効果が極めて高い方法です。
  3. プチ糖質制限
    1食あたり糖質50〜60g以下、1日あたり110〜140g以下が目安です。
    プチ糖質制限食はハードルが低い分、続けやすいです。
    スタンダード糖質制限食と同じく、糖質を摂る時は精製度の低いもの(玄米や全粒粉パンなど)を選ぶようにするとより効果的です。
 

まとめ

ケイトジェニックダイエットでは、糖質制限をすれば良いだけではありません。
糖質制限をするのと同時に、たんぱく質と脂質といった他の栄養素をきっちり摂ることが大切です。

そうすることで、ケイトジェニックダイエットに成功できる可能性が高まります。
糖質制限をするのは、もちろんですがしっかりとトレーニングをして筋肉を刺激してあげることが重要です。

その上でケトジェニックダイエットをすることが大切です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

これまでのトレーニング指導やケア実績は3000名以上。 小学生から高齢者、サッカーやバスケットなどの代表的なスポーツを始め競艇・相撲などの特殊なスポーツのアマチュア・プロスポーツ選手・学生へのサポートも幅広く経験しています。 23歳で、出張専門加圧トレーニング「BODY STYLE WORKS」を設立。 東京・神奈川を中心にお客様のご自宅や仕事場、スポーツ活動現場に出向き、トレーニングを指導しています。 渋谷区広尾にパーソナルトレーニングジム「BODY STYLE WORKS」を展開。 日比谷線広尾駅 徒歩1分の駅近でとても通いやすいです。