タンパク質を摂る時に気をつけた方がいい食材は?

《 タンパク質を摂る時に気をつけた方がいい食材は? 》

東京でパーソナルトレーナーをしています青島です。

前回はトレーニングでのタンパク質摂取についてお話しました。

今回は前回の延長でタンパク質摂取の際に
気をつけた方がいい食材・小腹がすいた時の食材を紹介をしていきます。

タンパク質だからといって摂っていたら
実は注意が必要な食材は多く存在します。

その一部をご紹介します。


【賢く食べたい食材】

青魚

 アジの開きの脂質は12.3g
サバの刺身の脂質は12.1g (100g中)
1割以上 脂質が含まれるので
調理法に気をつけた
いですね。

 


 BCAAは豊富に含まれていますが
同時にコレステロールも高いです。

 減量期には、食べる頻度を考えるようにしてくださいね。

 


豆腐

 タンパク質源には変わりないのですが
絹であれ木綿であれ、85%が水分になります。

 他のタンパク質と一緒に補っていきましょう。

 


納豆


手軽に摂れる植物性食材のタンパク質。
動物性食材と比べ、BCAAが少なく吸収率も
劣る。                

副菜として摂りたいですね。

 

トレーニングをしてくると代謝が上がり
お腹が空きやすくなるという方も。

ついついスナック菓子やケーキに手が…
なんて事はせっかくのトレーニングも台無しに。

そんな小腹が空いた時にオススメな食材もご紹介します。


小腹が空いた時にGOOD!な食材】

おでん

 卵・練り物などを選んでいけば低脂肪かついいタンパク源。
冬の時期は最高ですね。

 


魚肉ソーセージ

 低脂肪で優秀なタンパク源。
非常に安い為、簡単にタンパク質を
補う事ができる。

 


プロセスチーズ

 少量で満足感が得られる食材。
含まれているタンパク質の量やバランスが安定している。

 

 

食べ物の食べ分けをするだけで多く変わってきますので
是非、意識して挑戦してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

これまでのトレーニング指導やケア実績は3000名以上。 小学生から高齢者、サッカーやバスケットなどの代表的なスポーツを始め競艇・相撲などの特殊なスポーツのアマチュア・プロスポーツ選手・学生へのサポートも幅広く経験しています。 23歳で、出張専門加圧トレーニング「BODY STYLE WORKS」を設立。 現在は東京・神奈川を中心にお客様のご自宅や仕事場、スポーツ活動現場に出向き、トレーニングを指導しています。